メンタルリハーサル(メンタルトレーニング)の考え方

慣れていくと自分でいつでもできるようになる

どもりのメンタルトレーニング

中村しょうさんの吃音(どもり)に対する、メンタルトレーニングの基本的な考え方ですが、前述しましたとおり、プロスポーツ選手などが行っているものをイメージして頂くので問題ありません。ですが、MRM吃音プログラムではもっと深く掘り下げた専門的な作業(ワーク)を行います。
例の一つに「認知行動療法」というものがありますが、これは、人間の脳内にある認知機能に働きかけて、ストレスを緩和し、リラックスさせたりします。心療内科でも用いられることがある精神療法に似たことを、このプログラムでも応用することによって、吃音が徐々に緩和されていくようなイメージです。また、認知行動療法では、イメージトレーニングの中で成功体験を積んでいくわけですが、できるだけ本番と同じような心理状態。緊張状態にしたうえで、成功している自分をイメージしていきます。中村しょうさんのプログラムでは、この他に催眠療法自律訓練法などの要素も含め、吃音に対して専門的なトレに一ニングが受けられるようにできています。
トレーニングに慣れて、ある程度効果を得るためには多少の期間が必要ですが、このようなメンタルトレーニングは、吃音(どもり)を意識させないで治癒を目指すというのが大きな特徴だと思います。また、ある程度この訓練をこなしていき覚えていくと、ビデオを見ないでも自分でいつでもトレーニングすることができるようになります。
私の場合、吃音に限らずさまざまな場面において、このメンタルトレーニングを活用できるようになったのがすごく良かったです。吃音に限らず、人生において前向きな考え方や行動が取れるようになったというのが今では大きな財産となっています。

 

中村しょう【MRM吃音プログラム】を実践した効果や詳しい感想等を掲載しています。興味のある方はぜひこちらから最新情報をご確認ください。中村しょう【MRM吃音プログラムトップページへ