私が吃音になった原因とは

私が吃音になった理由

吃音になった理由

中村しょうさんとの出会いが、どもりの解消につながる大きなきっかけになったわけですが、なぜ私は幼い頃から吃音になってしまったのでしうか。一般的には、まだ医学的に解明されてはいないとのことですが、研究が進んでいることもあって、以前に比べるとだいぶ分かるようになってきたようです。中でも私が着目したのは以下のものです。

 

  1. 環境によるもの
  2. 家庭内はもちろん、家庭外においても人それぞれ置かれている環境があって、様々な影響を受けています。これに対応しようとした結果、表に出てきた反応が「吃音」となって現れるという考え。小さい頃に話し方を注意されて直されたというのも環境的な要因になります。
    私の場合は他人に話し方を注意された記憶がないため、これには該当しないのですが、幼少の頃からとにかく引越しが多い家族だったこともあり、環境の変化に対応する過程で、吃音となるきっかけが作られたのかもしれません。

  3. 遺伝的・体質的なもの
  4. 世界中の様々な研究により、遺伝的な要因があることもわかってきたようです。吃音につながる、ある遺伝子を見つけたという話もあるようですし、私の親戚にも重度の吃音者がいたりするので、この説が有力なのではないかと思っていました。医学的な根拠としてはまだ十分でないようです。更なる研究が進むことを願っています。

  5. 心理的なもの
  6. どもりへの不安やストレスからくるもので、ほとんどの吃音者が経験したことがあるのではないかと思います。一度でもどもった経験があると、「またどもるかも」「恥ずかしい思いをしたくない」などの気持が出てきてしまい、それが悪循環となってしまうことも少なくはないのです。私自身もこれに当てはまるのですが、解決するにはまずマインドを変えなければなりません。中村しょうさんのテキストでは、マインドの部分も重視しており、初めて学ぶ方でもステップbyステップで徐々に習得していくことができます。

 

中村しょう【MRM吃音プログラム】を実践した効果や詳しい感想等を掲載しています。興味のある方はぜひこちらから最新情報をご確認ください。中村しょう【MRM吃音プログラムトップページへ